スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←日本人男性の滑落事故 →ワールド・デザイン・キャピタル2014
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



記事一覧  3kaku_s_L.png Diary
記事一覧  3kaku_s_L.png Sightseeing
記事一覧  3kaku_s_L.png Note
記事一覧  3kaku_s_L.png Shopping
記事一覧  3kaku_s_L.png Food
記事一覧  3kaku_s_L.png English
記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png Cinemas
記事一覧  3kaku_s_L.png News
記事一覧  3kaku_s_L.png Events
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

Cinemas

映画『ケープタウン』

 ←日本人男性の滑落事故 →ワールド・デザイン・キャピタル2014
日本では8月末に公開されてたらしいじゃないですか
やっと今月の10日から
ここケープタウンでも上映がスタートしたので行ってきました。

フランス映画で、邦題は『ケープタウン』ですが
英語タイトルはCity of Violence(暴力都市)

CityofViolence_01.jpg

日本語のポスターにはさらに
-そこは、神に見捨てられた街-
なんて書いてある。

あのですね
このタイトルもともとはZULU(ズールー)なんですよ。
今も南アフリカの北東部に住む民族で、シャカ王がいたあのズールー。
それをCity of Violenceにしたうえで、さらに
舞台だからって『ケープタウン』を当てるのはどうなのよ???
暴力の都市って。いやーたしかにその通りかもしれないけど!

ケープタウン市民のみなさんも、
このことを伝えると
「そりゃないよー!」とおっしゃってました。笑いながらね。


めちゃくちゃな例えですが
どこかの国が日本で『変態の産地』という映画を撮って
それに英語のタイトルで
TOKYO -そこは、神が間違えて創った街-
なんてつけられたら
えええーそりゃないよー!と思いません?
たしかにその通りかもしれなくても!


素晴らしい演技をみせてくれたフォレスト・ウティカーと
お尻をみせてくれたオーランド・ブルーム
blog-entry-top-img146.jpg


この映画のテーマは
マンデラ元大統領の大いなる遺産である『赦し(ゆるし)』
セリフの中にも彼の遺したキーワードが散りばめられています。

そのうえで、乗り越えられない憎しみや
赦したからこその不条理まで描かれています。
主人公の二人が赦した相手も、赦せなかった相手も
物語の中では「もうこの世にいない」人たち。

そして南アフリカが抱える問題のほぼすべてが
詰め込まれていました。
犯罪・暴力・性・ドラッグ・貧困・格差・汚職・・・



ちょっとあざとい場面もあったなー。
個人的な感想だけど。
見た人によっては
「やっぱり外国人が作ったもんだから」
という意見もありました。わかるような気がする。

ケープタウンのタウンシップ(旧黒人移住区)で
はじめて撮影が行われたのだそうですよ。
ちなみに最後にでてくる美しい砂漠は隣国ナミビアです。

どうでもいい話ですが
諸事情でわたくし、ある日の初回上映に行ってしまったのですね。
せっかくの良質な映画なんですが


朝イチで見るのはおすすめしません(泣)


別の映画の予告編で、すでに30人くらい人が死んでたよ…

聞き取れてないところもあるし
日本語字幕でも見たいなー


↓↓オーリーのお尻。1日1クリックで応援してくださいm(_ _;)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↓↓見てみてー。こちらもなにとぞm(_ _;)m
banner201310.gif



スポンサーサイト



記事一覧  3kaku_s_L.png Diary
記事一覧  3kaku_s_L.png Sightseeing
記事一覧  3kaku_s_L.png Note
記事一覧  3kaku_s_L.png Shopping
記事一覧  3kaku_s_L.png Food
記事一覧  3kaku_s_L.png English
記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
記事一覧  3kaku_s_L.png Cinemas
記事一覧  3kaku_s_L.png News
記事一覧  3kaku_s_L.png Events

~ Comment ~

南アの映画 

Cape Townなんていう題名の映画・・・あの美しい地を映画に映るなんて嬉しいじゃん。なんて思ったら(まだ観ていませんが)とんでもないバイオレンス映画だったんですね。
日本はこれでもか!ってくらいに「南アフリカ」を暴力の国にしたいんでしょうか。確かに問題抱えた国ではありますが、あまりに偏見に満ちた日本人(邦題製作者)にがっかり。
南アの人たちは意外にケセラセラの人たちだから、まだ良いですが・・・・確かのこんな題名をつけるってちょっと残念です。

Re: 南アの映画 

>>natalさま

絵面としては随分と殺伐とした映画でしたよー
実際に犯罪が多いのは確かでも、イメージが悪すぎますよね。
それに『ケープタウン』にしちゃうと「ZULU」だからこそ!
という部分が薄まってしまう気がします。

見てよかったと思える作品なので
余計タイトルにひっかかっちゃいました。



おすピーばりの 

MIYAYUKIの映画紹介はその映画を観たくなります♪

ジャンゴも観ちゃってます☆

Re: おすピーばりの 

> 杉山せんせい

ほんとですかーっ

いや実はダイ・ハードとかレ・ミゼラブルとか大ヒットものもちゃんと見てるんですよ。
書いてないだけで!!
こういうのを私が記事にすると「すごかったです♪」みたいな
小学生の作文レベルになっちゃうんですよね…

DVD選びに迷ったら、ぜひ『ケープタウン』観てみてください~
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日本人男性の滑落事故】へ  【ワールド・デザイン・キャピタル2014】へ
オーグメンチン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。