English

-->
  • Home 
  • Site Map
  • 【 English 】 記事一覧

    スポンサーサイト

    スポンサー広告

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ▲PageTop

    通じちゃった英語「I(アイ)」

    English

    毒になることはあっても薬にはなることはない拙ブログですが
    久々に役に立たない英語の記事を書きます。


    南アフリカは日本の3分の1の降水量しかなく
    1年を通して乾燥気味です。紫外線が強いのもそのせい。

    でね、もちろん一番心配なのはお肌の乾燥なんだけれど
    生活しててけっこう気になるが喉のイガイガ。
    扇風機かけて寝て起きた時とかもね、朝からイガイガだと気分がのらない。

    というわけで
    『夏に風邪引くやつはバカ論』という日本での洗脳そのままに
    うがい薬なるものを買いに行ってきました


    英語でうがい薬は「gargle」(うがいの音と似てます)


    店員さん「何かお探しでしょうか?」

    私「うがい薬で・・・匂いがあって・・・茶色の・・・・」

    店員「・・・・ちゃいろ・・・?」



    ここで私の意見を完全に振りきってオススメされたのが
    銀イオンで殺菌する新商品のシリーズ


    店「これも茶色だけど?」

    たしかに箱を開けるとビンは茶色だ。

    私「違うんです。銀イオンじゃなくて。でも茶色」


    ダメだ。




    イソジンて英語でなんて言えばいいのー!?




    ウル覚えながら『イソジン』は日本だけの商品名だったはず。
    イソジンと主原料(ヨードまたはヨウ素)が同じならOKなんだけど
    じゃあヨウ素ってなんていうの??

    ない頭をいつもより2回転くらい多くまわして考えた。
    せっかくエアコンのある店内なのに吹き出す汗汗


    私「あのー、記号でいうとI(アイ)です。それのうがい薬ください。」

    相手は薬剤師のオッチャンにバトンタッチ

    薬「アイ???」

    私「えっと。原子(atomic)記号の・・・」

    薬「もしかしてそれは元素(chemical)記号・・・」



    そ・れ・だ!
    ヨウ素の元素記号は『I』。覚えていたのはたまたまです。
    元素記号を原子記号と脳内日本語で間違えた上に
    無理やり英単語をくっつけた私のお馬鹿をさらっとフォローしてくれるなんて
    さすがプロだわっ


    私「あの、じゃがいもにつけるとムラサキになって」

    薬「パスタのゆで汁でもムラサキになるよ!!」



    というわけで
    元素記号でお買い物に成功
    blog-entry-top-img127.jpg
    (これはgargleではなく意味を強めて「口内殺菌」とかかれてますね)


    彼はわりとしつこく「まあ、ムラサキっていうかブルー・ブラックだよ」
    とかなんとか仰ってましたが、最後までパープル!で押し切ってやりました。


    せっかく薬剤師さんに出てきてもらったんだけど
    これ、一般の棚においてあったんだよね。
    しかもさっきオススメされた銀イオンの隣に。

    そんで箱をよくよく見てみれば

    ポヴィドン
    Povidone_01.jpg

    あれーそれ聞いたことあるーー


    そうか
    イソジンじゃなくてポピドンを思い出せば良かったのか。
    イソジンは絶対通じないと思ったんだ。
    でもポピドンは一度も買ったことなかったんだよなぁ。

    ちなみにイソジンはスポーツ飲料でよく聞く
    アイソトニック(isotonic:体液と同じ浸透圧)のisoと
    ポビドンヨード(Povidone-iodine)のdineをくっつけた造語なんだそうです。
    わたしが「I(アイ)」といったのは
    このIodine(ヨウ素・ヨード)のIだったんですねぇ(記号でしか知らんかった)


    というかですよ。
    一般の棚にあるものを、箱をみて「うわわ!ポビドンか!」
    と気づけたわけですから、最初っから自分でじっくり探せば良かったのね。

    つまり今回のゴタゴタは全て
    店員さんの「May I help you?」によって引き起こされた
    結果オーライな事件
    だったわけです(人のせい)


    例外中の例外なお買い物でしたが
    あきらめなくて良かったなぁー。みんな優しいんだもん。
    遠回りした分、私、Povidone(ポビドン)は一生忘れないと思う。


    うーん。冷房の下で滝汗をかいたせいか、
    さっきからなんだかクシャミが出るわ。
    夏に風邪引くやつは・・・あれ。なんだっけ


    ↓↓すいへーりーべー。1日1クリックで応援してくださいm(_ _;)m
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    ↓↓ボクノフネー。こちらもなにとぞm(_ _;)m
    banner201310.gif



    スポンサーサイト

    ▲PageTop

    通じない英語「オランダ」

    English

    THE BACKPACKの宿生活(その一。その二。
    ようやく終了しました。
    延長延長で、かれこれ1ヶ月近く宿泊してしまったわ。

    安宿だけあって
    いろいろと無くは無かったんだけど
    全部ひっくるめても、とっても良い宿だったな。

    TheBackPack_06.jpg

    世界中からの旅人が集まるバックパックホステル。
    つまづかないわけがないのが
    そう、英会話ですよ。

    私が滞在する最終週に、
    なぜか集まってきたのが、今日のタイトル
    「オランダ」の方たち。


    オランダは英語で
    Holland(俗称。ホラント)

    Netherlands(公式名称ネザーランド)

    Nederlands(オランダの通称ネーデルランド)の3種類あります。


    でもね。
    誰ひとりとしてHollandやネーデルランドを使う人はいなかったの。
    オランダ人も他の国の人も。
    みんなネザーランド。

    さらに複雑なことに
    「オランダ人」「オランダ語」は英語で
    Ducthと言うんだけど、これも聞かなかったぁ。これはたまたまかも。


    ところで
    このNetherlands。



    一度も一発で通じませんでした(TдT)



    わたくし、RやLの発音よりも
    舌を噛むようにして言うthの方がよっぽど駄目。

    THEやThursday(木曜日)のような先頭にthがくるならまだしも
    途中でthが出てくるともう駄目。
    会話の内容から察してもらえなければ
    ボディランゲージでくねくねして、それでも駄目なら書く。
    または電子辞書をおっぴろげ。


    自転車競技の集団が泊りに来てた時も
    会話の流れで
    「さすがアスリート(Athlete)ね」と言おうとして
    全然分かってもらえず、最終的には
    「スポーツをやってる人のこと!」で連想してもらうはめに。

    こうなるともう
    もう会話の内容なんて吹っ飛んじゃうよね。申し訳なかったなぁ。


    thの発音は、舌を歯でちょこっと噛むようにするんだけど
    この時、思っている以上に息をはくといいみたいです。
    「ス」なんて言わない。発音じゃなく、もはや息音。


    シュッ!


    そして問題のNetherlands。

    ネを発音した次の瞬間に舌噛みのシュッ、そしてRの巻き舌
    すぐに今度は巻かないLで、最後のsは小さめにランズ!



    さんはいっ




    (*゚O゚)< Netherlands!




    書くのは簡単だな。まったく。


    息音は電話だと特に感じる。
    英語ってとにかく息をはく量がおおいし
    アクセントにたくさん息を使うようにすると
    とりあえずそれっぽい雰囲気になる。


    ちょっと話が変わるけど
    発音が通じにくいのは何も英語だけではありません。

    元アメリカ軍人の御夫婦が
    「昔、日本の駐屯地にいたんだよ~」と声をかけてくれた。
    そこで
    「ディオーサー!また食べたい」って言うの。



    ディオーサー??(・・?



    一緒にいた日本人のグループとともにポカーンとする私。

    一生懸命
    「こんな形で…(どうみてもカリントウ)」
    「中国にもあって…(そんなのいっぱいある)」

    と説明してくれてね。

    私「あのー。よかったらスペルを教えて」
    なんて、失礼千万を承知でたずねたら

    「G・Y・O・・」




    ああああそれ餃子ね!!!



    ア夫婦は「えーさっきからギョウザって言ってるのに」
    とご不満な様子でしたよ。

    なぜかギョウザをご存知の外国人女子が
    「アクセントはオーじゃなくギ。」って教えたら
    突然、御夫婦のギョウザが聞き取れた次第であります。


    このときフォローしてくれた女の子
    マックにトトロがいたんだよ~(*´∀`*)
    blog-entry-top-img90.jpg

    お兄さんが描いてくれたんだって。なんか嬉しいっ



    発音はとにかく練習あるのみ。
    私、散歩の時しょっちゅうthの練習してる。
    舌を噛み噛み「シュッシュッシュッ」って言いながら。



    後ろからドつかれたら死ぬかもね(*´艸`*)



    遠い国で不審死だけはしないよう、気をつけたいものです。


    ↓↓ドつかないで!1日1クリックで応援してくださいm(_ _;)m
    にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ
    にほんブログ村

    ↓↓ギョウザ、作るか。こちらもなにとぞお願いしますm(_ _;)m
    banner_3.gif




    ▲PageTop

    通じない英語「引越しの最中」

    English

    安宿生活も、はや10日目。
    旅行者の方々が毎日せわしなく出かけていくなか
    カフェでのんびりしてるのは逆に贅沢を感じたりもします。

    入れ替わり立ち替わりの出会いと別れを楽しんでいるのが本当の事なら、
    毎回毎回、同じ会話を繰り返さなければならんのも本当のこと

    キッチンは特に、コニュニケーションの現場になる
    English_Move_01.jpg

    旅人「はじめまして!どこから来たの?」
    私「日本。あなたは?」


    で、だいたいこの後こう続く

    旅人「ケープタウンっていい所だよね。観光はどこをまわるの?」
    私「ええっと、住んでます。ここに」


    旅人「ええ?住んでるの?じゃあなんでホステルにいるの?」



    ここからはもうね。矢継ぎ早の質問に乗ってあれこれ説明がいるのねー

    南アフリカに来たのは去年の8月
    先月引っ越して
    次のアパートは今月末入居で
    それまでホステル暮らしだけど、ずっとこの宿にいるわけじゃない

    ・・・とこのくらいのことまでは言わなきゃ離してもらえない。



    もう何十回繰り返したことやら(`-д-;)ゞ



    ところで、引越しは英語で「Move」なんだけど
    先日の引越しの際、関わってくれた人達は皆「Remove」を使ってたの。
    Removeって、私のなかではマニキュアのリムーバーのイメージが強くて
    引越し屋さんが「Remover」だと聞いたときは



    なんか夜逃げみたい('д'|l!)



    と勝手に妄想したくらい(マヌケ)

    まあ、宿の中で出会う人達とはMoveでやり取りできたから良かったけど
    何が違うのか、はたまた言い方の違いなだけなのか未だによくわからん。


    そうそう、今回何で苦労してるかって言うと
    「今、引越しと引越しの間の期間」ってのが、うまく言えなくてさー

    NowとかMovingを使うと
    宿に泊まってないで、まさに作業中みたいになっちゃうし。


    期間が空いてしまったことの説明も
    トラブルがあったことから言わないと駄目かな・・・とか
    気に入った部屋がまだ入居できなくて・・・とか

    更に
    買うの?借りるの?
    家賃の相場は?どのへんが住みやすいの?という質問攻めに



    わたしのカラカラの脳がパンク寸前((((;゚Д゚))))



    結局、勘のいいカナダ人女性が言ってくれた
    the middle of move(引越しの最中)」を使ったところ
    いままでの混乱がなんだったの?と思うほど
    すんなり説明できるようになりました。

    あとになってみれば、単純だし調べればわかることなのに
    会話のたびにアウアウしてた。まったく、お恥ずかしい。


    ちなみに去年の8月から住んでるよ~と言った
    August(8月)が必ず 「Augustね」と言い直されるので
    どうやら発音が悪いらしい。
    そういえば最近言われないな。マシになっったのかしら。

    どうしても咄嗟になるとオーガスト的な言い方をしちゃうけど
    気をつけて「アウグスッ」と言うと良いみたいです。
    キッズレベルだなこりゃ。


    会話って不思議なもんで
    よく話す人と気があってるかっていうとそうでもなくて
    たいして話してるわけじゃないのに
    ぼんやり同じ景色をみたり、キッチンで並んで料理してたりする人と
    なんだか通じあって、別れ際にハグしてもらえたりする。
    blog-entry-top-img81.jpg

    フランス人の老夫婦に「さようならエンジェル」と言われたときは
    さすがにグッときてしまいました。



    エンジェルですってよ、みなさん( *≧∇)ノノノ



    お世辞にも程がある!


    ↓↓どーもエンジェルです。本日も1日1クリックで応援お願いしますm(_ _;)m
    banner_3.gif

    ↓↓フランス人てすごいな。今日も1票をよろしくお願いしますm(_ _;)m
    にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ




    ▲PageTop

    通じない英語「ドイツ語」

    English

    英語有段者の方に鼻で笑われても
    まだまだ続きます。「通じない英語シリーズ」
    (以前の記事→「MILO」 「Early Bird」 「ラクトバチルス」 「重曹」 )


    日本で使われる外来語には
    英語だけじゃなく、オランダ語やロシア語が
    登場するのは、皆様もご存知ですよね。

    でも、どれが何語かどうかなんて
    普段の生活では一切関わりない上、
    なんとなくカタカナ表記は英語でも通じそうな気がしてしまうもの。


    以前、花粉症問題で悩まされてる時

    これこれ
    blog-entry-top-img57.jpg


    サプリのALLERGYという文字を見て、自信満々に
    アレルギーの目薬ください(。ゝω・´)」って言っちゃったもんだから


    「え?」
    「うーんと・・・目薬ね。」
    「あああアレジー!



    と、薬剤師さんが当てたぞ!ってな展開に。

    そう、アレルギーは英語でなくドイツ語
    今回は似てるから当ててもらえたけど
    本来通じるはずがないんですよね…(・ω`・、)


    私の米粒大な親切心で表にしてみました
    German_01.jpg
    大体、医療系の用語はドイツ語由来のものが多いみたい


    そうそうちょっと調べたんだけど
    日本ではアルバイトって、学生や副業の人に使って
    パートって言ったら主婦のイメージでしょ。

    英語では、Workは働くって動詞とか職場を指して
    Jobは作業や役割みたいな使い分け。


    で、ドイツ語なんですが
    アルバイトって仕事や労働そのものことで(つまり英語のWork)
    日本で言うアルバイトのことは、英語から取ってJobって言うんだって。




    ややこしいわっっヾ(*`ェ´*)ノフンガ~



    それからね。
    だいぶ前の話だけど、アメリカ人と
    ドイツが生んだ超有名詩人「ゲーテ(Goethe)」の話になったことがある

    この人ね。
    blog-entry-top-img69.jpg
    (なにゆえ話題にのぼったのかは不明)


    でね。
    わたしが「ゲーテが・・・ゲーテの・・・」と言っていたら


    米人「はっはっは(。-∀-)
       それをいうならゴート(ゴータ?ガート?ガータ?)だろ」


    と、訂正されたの。とにかくゲーテとは全く違う感じに。


    その後、ネットで
    「ドイツ人には、ゲーテでも英語の発音でも通じなくて説明が必要だった。
     でも、あのドイツ発音をカタカナで書くにはゲーテしかない」

    という記事をみかけました。

    うーん。日本語ってほんとうに



    どっぷりガラパゴス(*ノωノ)キャ



    いいよ。いいよねガラパゴス。
    外国語を巧みに取り入れた、柔軟すぎる先人たちに敬礼!


    ↓↓イクラはロシア語!読後はこちらもクリックくださいm(_ _;)m
    blogmura_banner

    ↓↓南アで人間ガラパゴスな私に、今日も応援を願いますm(_ _;)m
    にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ




    ▲PageTop

    通じにくい英語「重曹」

    English

    通じない英語シリーズでは
    とにかく通じるまでにアレヤコレヤと
    「必死のやり取り」があった言葉を取り上げて来ましたが

    当然それ以外にも
    なかなかスムーズとはいかないのがわたくしの日常。


    南アフリカに来てだいぶ落ち着いてきたし
    日本で慣れ親しんできた
    アノ生活を取り戻そうかしら・・・
    そう



    重曹生活ふたたび!(・`ω´・ ○)



    ってことで
    探しに行ったのですよ。重曹。


    ちゃんとネットでもしらべて
    だいたいどこの国でも「Baking Soda(ベーキングソーダ)」
    通じるらしいことを確認。


    ところがねー

    まず男性店員さんに
    「ベーキングソーダ!」って聞いたんですけど

    いかにも
    『またこの東洋人が訳わからんこと言い出したぜ(-公- ;)チッ』
    という顔されたの。

    こっちも、いやいや重曹を知らないなんて!と引かずにいたら

    女性店員さんが、
    「ベーキングソーダとは書いてないけど、コレのこと?」
    と青い箱を一つ持ってきてくれたんです。


    ちょっとこちらご覧になって
    blog-entry-top-img60.jpg

    Bicarbonate of Soda・・・
    ばいかーぼねーと、おぶ、そーだ。

    重炭酸ソーダの名で売られていました


    Bicarbonate of Soda・・・
    ばいかーぼねーと、おぶ、そーだ。


    にわかには「Yes!」と言い難い名称ですが
    ネットで調べた時にも見かけた単語だし
    なにより用途(料理・掃除・消臭)がずばり重曹。
    まあ、色んな書き方があるのね。。。


    っと思いつつ、注意書きを見て驚いた。
    BakingSoda_00.jpg

    「Baking powder とは別もんだからね」


    えええええええ



    そっちは
    ベーキングパウダーでいくんかい!
    ヾ(。`Д´。)ノ




    むー。


    ドラッグストアでは
    Sodium Bicarbonate・・・
    BakingSoda_02.jpg

    ベーキングソーダって言わないのかな。

    近所のお店でしか探してないので
    「南アフリカではこうなのよ!」とはいえません。
    だけど、たまたま見かけた料理のレシピにも
    Bicarbonate of Soda って書いてあったんだよなー。


    でも結局言葉としてはベーキングソーダで通じたわけだし。


    むむむー。



    *************************************


    ねぇ。私がお花を飾るとイチイチ「仏花」のようになるのはなぜ?

    まるで墓前。
    BakingSoda_03.jpg

    助けてー。:゚(。ノω\。)゚・。



    ↓↓読んでくださってありがとう。1日1クリックの応援をお願いしますm(_ _;)m
    にほんブログ村 海外生活ブログ 南アフリカ情報へ

    ↓↓おかげさまで上位に来ました。今日もよろしくお願いしますm(_ _;)m
    blogmura_banner




    ▲PageTop

    通じない英語「ラクトバチルス」

    English

    私の通じない英語シリーズ第3弾です。
    (1弾「MILO」)(2弾「Early Bird」


    ルイボスティをガブガブ飲んで随分改善されたものの
    まだまだ理想とは程遠いのが
    私のお通じ問題(_ _;)


    こんな話題で申し訳ないですが
    コレを言わなきゃ始まらないのでどうかお許し頂きたい。


    日本から持参した乳酸菌が底をついたので
    薬局に買いに行ってみた時の話。


    乳酸菌、乳酸菌。電子辞書によると・・・「Lactobacillus(ラクトバチルス)」
    お!聞いたことある言葉。

    それじゃあ行ってみよう~
    Lactobacillus_01.jpg

    若手店員(男・推定20代後半)「何かお探しですか?」
    私「ラクトバチルスください」
    若「え?」
    私「ラクトバチルス!」

    若「・・・ラクトバチルス?何それ?」



    うわーまた始まるのか困難な道がっっっ
    だけどいつもと違うのは
    どうやら言葉そのものは通じてるっぽいこと。

    私「ラクトバチルスは。。。ラクトバチルス!」

    若「ええっと。何に効くもの?」



    ナ・ニ・ニ・キ・ク・モ・ノ

    晴れ渡っていた頭の中が一瞬で曇るわたし。
    便秘って英語でなんだっけ?
    あ、腸・・・腸もわからん!


    でも諦めるわけにはいかない。
    わたしはお腹を抑えてちょっと苦しそうな顔を作りつつ

    私「スムースにしたい」

    と言ってみた。どうよ。わからんでもないでしょ。
    そしたらね。

    若「うーん。こっち来てくれる?」

    と手招きしながら薬剤師さんのいるカウンターにご案内されたの。
    そうか。薬剤師さんなら分かるかもっっ

    私「ラクトバチルス下さい」

    薬「え?」

    私「ラクトバチルス!」

    薬「・・・・・・・」

    私「ラクトバチルス!」


    もはや魔法の呪文
    Lactobacillus_03.jpg
    ラクトバチルス!(汗だく)


    しばらく考え込んでいた薬剤師さんがこう言った。

    薬「ああ、それ・・・バクテリアのこと?」


    ば、バクテリアですって?
    いや、そうだ。菌だからバクテリアだ!やったー\(^o^)/


    私「そうです。バクテリアのラクトバチルス!」


    そして案内されたのがこのコーナー。ラ・・・プロバイオティクス!?
    Lactobacillus_02.jpg
    プロバイオティクス。。。

    更におすすめは「プロバイマックス」
    blog-entry-top-img51.jpg

    私「プロバイオティクス・・・」
    薬「そう、プロバイオティクス」
    若「今ちょうど安くなってるよー」
    私「じゃあこれにします♪」

    って


    ・・・この流れるような会話はなんなのヽ(  ̄д ̄;)ノ


    さっきまでのはなんだったのよ!
    全身脱力。でも買えて良かった(安かったし)

    私個人の調査結果ですが
    このあと何件かのお店で試してみたところ
    「ラクトバチルス!」で通じたのは薬剤師さんと
    その道に詳しい店員さんだけ、ということがわかりました。
    (そのまんまラクトバチルスという名の商品もあった。)


    プロバイオティクスってのは、腸に効く微生物の総称で
    そのうちの一つが乳酸菌であるラクトバチルスってことらしいです。

    ちなみに腸はBowel(大腸はColon)
    お通じはBowel movement
    便秘はConstipation

    ・・・・・・・

    以上、試験に出ない英単語でした(ノ_-;)ハア…


    ↓1日1クリックで私を応援してください。いつもありがとうございますm(_ _;)m
    banner_01.gif

    ↓↓こちらも!なにとぞ!ご精読に伏して御礼申し上げますm(_ _;)m
    にほんブログ村 海外生活ブログへ




    ▲PageTop

    通じない英語「EarlyBird」

    English

    この人だれ??(@_@;)
    blog-entry-top-img35.jpg
    お若い頃はシュッとしてらしたのねー。
    再選しそうですってよ。


    なんというか。


    贅沢な御食事をなさってきたんでしょうな(*´ω`*)



    もうすぐ選挙ですね。
    海外や洋上からも投票してるくらいなんで、
    投票所に徒歩で行ける方々くらいは
    皆さま選挙に参加していただけたらなーっと
    アフリカ大陸の端っこから願っております
    わたしは権利ないからー

    ****************************************

    通じない英語第2弾です。

    日本人のほとんどが苦労すると言われる
    「L」と「R」


    わたくしも
    もれなく御苦労いたし中。



    Early Birdは早起きの人や、
    10分前行動が基本!というような人を指します。


    近所によく朝ごはんを食べに行くカフェは
    朝の7時から開いてるのね。

    だから、仲良くなった店員さんと


    私「あなた、ホントに早起きねー♪」
    You are always "early bird"!

    店員「あなたもねー♪」
    You too!


    みたいな会話もしたことあったのに。
    なんと


    モーニングメニューの「Early Bird」が
    通じませんでした(゚´Д`゚)゜



    手元にメニュー(本)がなかったから
    多分そのときは離れたところにあった
    黒板を見て頼んだんだと思う。たしか。


    私「アーリーバード下さい」


    店「え、なに?」


    私「アーゥリーバゥード」


    店「・・・?エッグ・オン・トースト?」




    えーっと、それはいつも頼んでるやつね。
    今日はEarlyBirdが食べたいの。





    って、全く通じてないよね(/□\*)・゜゜わ~ん





    他店ならここで店員さんの方が諦めて
    メニューを持ってきてくれるんだけど

    常連にはメニューを出さないって
    ルールがあるのか
    頑なに私の口から聞き出そうとするんです。



    私「ウワォリーボァード」

    店「ええっと、(カフェ)ラテと。。。何?」

    私「オオォルィボォァド」








    なんなんだこの会話は(ーωー;)



    絶対諦めないわよ
    私「ウオオォルリィボォァド」




    そこでちょうどフロアで作業していた
    オーナーさんがふと手を止め、
    バッと振り返ってこう叫んだ。




    「もしかしてEarly Bird?!?!」






    キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!



    やっと注文できたEarly Birdがこちらでっす。
    EarlyBird.jpg
    モーニング豪華版・約400円



    でもね。
    これ、私の英語通じてないよね。厳密に言うと。
    オーナーが「当てた」って感じだもんね。


    その後もしばらくは
    イマイチEarlyBirdの手応えがつかめず。


    店員さんたちの中で

    「あの日本人が
     何か聞き取れないことを言い出したときは
     EarlyBird だ」


    みたいな感じだったよ。
    今は、新人店員にも通じてるから
    たぶん大丈夫なんだと思いたい。



    私の練習をご披露しちゃう



    ①タコに近いアヒル口にして唇も歯も1cmくらい開けます。
     (ドナルドダック風に!)
    ②舌を喉のほうにグーッと引いたところから



    リ」と言ってみて。



    バードは

    「ー」のところで舌をグーッと巻いて。





    舌を引く筋肉を鍛えてるうちになんとかなる。

    やってみてピンと来ない方。




    今ある羞恥心の全てを捨てて下さいねっ♪





    それにしても
    言葉一つでこれだけ遊べるなんて
    楽しーなー




    楽しいのはいいんだけれど
    よくよく考えたらこの「通じないシリーズ」



    永久に不滅の予感がします(;´∀`)


    ↓1日1クリックで私を応援してください。いつもありがとうございますm(_ _;)m
    banner_01.gif

    ↓↓こちらも!なにとぞ!ご精読に伏して御礼申し上げますm(_ _;)m
    にほんブログ村 海外生活ブログへ




    ▲PageTop

    通じない英語『MILO』

    English

    最初にお断りしておきたい

    ここでいう「通じない」とは
    南アフリカはイギリス英語だから通じないとか
    日本人特有の発音の癖によって通じにくい

    ・・・などではなく


    の英語が未熟だからです(-_-;)

    ********************

    ケープタウンのスーパーで
    初めてお買い物した時に
    おおおっ!と思ったのがコレ

    ミロの大プッシュ
    blog-entry-top-img31.jpg


    そういえば、日本を発って
    乗り換えのために1泊したシンガポールでも、
    コンビニのドリンク棚一杯にミロがあったっけ。


    日本でも有名なミロだけど
    売っててもほんの小さな売り場があるだけで
    CMなんかも見かけないよね。


    こんな感じでミロミロされたら
    なんだか久しぶりに飲みたいなー
    と思ってたら


    カフェのメニューに発見!


    さっそく頼んでみようー




    私「すいませーん。ミロください」


    店員さん「え?」


    私「ミロ」



    メニュー開いて、どれ?って聞かれた。


    あれ。ミロだよ。私メニューのMiloを指さす。
    すると驚きの答えが返ってきた。







    「あー、マイロね(・∀・)」






    えええええええええ( ̄△ ̄;)

    ま、マイロ。マイロですか。
    違う物体みたい。飲み物っぽくない。


    Miloの発音って海外じゃ
    Michael(マイケル)とか
    Mike(マイク)とかの仲間なのか。


    知らずに大声で言い間違えちゃった私。
    でもケープタウンのカフェのおねーさんは
    みなさんとても優しいの。



    私「うわー恥ずかしい。ごめんなさい。マイロください」

    店員さん「いいのよー気にしないで。あなた中国人?」

    私「日本人。日本ではこれ“ミロ”って呼んでて」

    店「あーそういうことね。

      
      
      おっけー。もう覚えたから
      私がいるときは“ミロ”でいいわよ」





    にっこり笑って立ち去るおねーさん。
    優しい。優しすぎるよおねーさん・・・







    好きになってもいいですか(//∇//)





    いやいや
    この時ほどイケメンに生まれ変わりたいと
    思ったことはない。



    本格的なカフェラテのように
    クリーミーな泡ミルクの乗ったミロは
    優しさと相まって、とっっても美味しゅうございました
    Milo_01.jpg
    正しくはマィロゥ。



    ご一緒に
    w( ̄o ̄)w マィロゥ






    そこっ!舌は巻かないっ!(人には厳しい)


    ↓1日1クリックで私を応援してください。いつもありがとうございますm(_ _;)m
    banner_01.gif

    ↓↓こちらも!なにとぞ!ご精読に伏して御礼申し上げますm(_ _;)m
    にほんブログ村 海外生活ブログへ




    ▲PageTop

    Menu

    Category一覧


    Diary (76)
    Sightseeing (20)
    Note (21)
    Shopping (12)
    Food (10)
    English (8)
    未分類 (1)
    Cinemas (3)
    News (6)
    Events (6)

    プロフィール

    MIYAYUKI

    Author:MIYAYUKI
    ケープタウンに住む女

    最新記事

    Twitter

    海外生活ブログ

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    オーグメンチン
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。